病気に合わせた食事~糖尿病でも安心して利用出来る宅配サービス~

お年寄り

単純ではありません

家族

食品をいかに活用するか

血糖値の上昇を抑える成分として、食物繊維が挙げられます。糖尿病の場合、いかに血糖を上げないかが大切になりますが、食物繊維を上手に利用することでケースによっては炭水化物を全く抜く必要はなくなります。食物繊維の摂取タイミングとして最適なのは食事の始めです。初めに摂取することでその後例え炭水化物を摂取したとしても食物繊維を摂取しないより血糖値の上昇をゆるやかにすることが出来ます。また、どの炭水化物を摂取するかも大切です。炭水化物の中でも米は血糖値が上がりにくい傾向にあります。また、米でも精米されたものより雑穀米や玄米を摂取するとさらに血糖値の上昇が緩やかになります。したがって、摂取する炭水化物によっても無理に摂取を控えなくてよいことが言えます。

肥満の考慮も必要です

糖尿病は血糖値が高い状態によって引き起こされることからいかに日々の食事などで血糖値を下げるかが大切になります。勿論、血糖値を上げやすい食品を控えることは有効手段と言えます。しかし、糖尿病の場合は炭水化物ダイエットのように血糖値の上げやすい食品を控えていれば何でも食べてよいという訳ではありません。特に肥満の人は油脂分やカロリーもほどほどに減らしていく必要があります。というのも、肥満細胞によって血糖を減らすインシュリンの働きを阻害するとされています。そのため、肥満を解消するような油脂分やカロリーも抑えた食事も併せて必要となります。これに加え、バランスのとれた食事を摂取していくことが糖尿病の人の食事に求められます。